【レポート】高橋純一S&Cコーチが「すぎなみスポーツアカデミーE 第3回フォロー研修」の講師を務めました

レポート

株式会社R.E WORKS(東京都千代田区、代表取締役社長:加藤謙次郎)と業務提携している、高橋純一氏(S&Cコーチ/株式会社J.T. STRENGTH & CONDITIONING 代表取締役:以下、高橋コーチ)が3月14日(日)公益財団法人・杉並区スポーツ振興財団主管「すぎなみスポーツアカデミーE 第3回フォロー研修」の講師を務めました。

公益財団法人杉並区スポーツ振興財団は、スポーツ及び文化等の振興に関する事業を行うことにより、区民のスポーツ活動及び地域活動の活性化を促進し、健康で潤いのある豊かな暮らしの実現と活力ある地域社会の形成に寄与することを目的として設立されました。

その中で取り組まれているすぎなみスポーツアカデミーは、「資格を取得し正しい知識のもとにスポーツを指導したい」「スポーツに関する自分の知識を再確認し活動の幅を広げたい」といった一般の方を対象に、主催者である東京都杉並区が「スポーツの学びをサポートする」活動のひとつです。

アカデミーには、A指導者養成講習会/Bコーディネーター養成講習会/Cスーパーキッズ講座/D障害者サポーター講座 の4つのコースがあり、これらの有資格者を対象としたフォロー研修として、高橋コーチが「正しい身体の使い方や怪我をしにくくなる体作り」などをテーマに実践的な講義を実施いたしました。
(午前と午後で約20名ずつ、高円寺体育館にて、感染症対策を十分に行った上で開催)

日米プロ野球の現場において約15年トップレベルのアスリートの指導にあたり、現在もフリーとして、野球に限らず様々な競技においてストレングス&コンディショニングの領域でコーチングを続ける高橋コーチ。そのノウハウを活かして、アスリートではない一般の方でも、自分の身体の動きを理解し能力を伸ばすことができる=“ハイパフォーマンス化”へ導いていきます。
日頃スポーツにまつわる指導を担う方も多く参加されており、教える上での注意点なども踏まえた指導を行いました。



今回は、20代〜80代まで幅広い年齢層の方にご参加いただきましたが、高橋コーチが大事にしている「動きを鍛える」指導内容は、正しい知識と感覚を獲得すればどの年代の方でもその効果を感じることができます。


日頃行っているようなストレッチの動きひとつでも、意識の仕方でその効果は大きく異なってきます。
身体の角度、目線、補助する側がおさえるポイントなど、実際に細部まで具体的な指導を受けることで、その効果と意識の重要さを改めて実感できます。

参加者自らが得た感覚というものを、今度は指導する立場として伝えていく。
正しい知識と感覚が広まる、そのきっかけの一日となりました。

弊社では、身体を動かすことやスポーツを通した健康増進、地域の活性化に繋がる取り組みを、今後もサポートしてまいります。

高橋純一氏プロフィールはこちら