【レポート】「プロになりたい、プロを知りたい方のためのオフシーズン強化トレーニング実践講座」

レポート, 高橋純一

株式会社R.E WORKS(東京都千代田区、代表取締役社長:加藤謙次郎)と、業務提携している高橋純一氏(S&Cコーチ/株式会社J.T. STRENGTH & CONDITIONING 代表取締役)では、11月28日(木)〜29日(金)の2日間に渡り、「プロになりたい」「プロを知りたい」一定のレベルでプレーしている野球競技者を対象に、強化トレーニング実践講座を共同開催いたしました。

同講座では、日米プロ野球約15年にわたってS&Cコーチとしてトップレベルの野球選手を指導した高橋純一氏(以下、高橋コーチ)本人が自身のキャリアで培ったノウハウを元にコーチング。数々のプロ野球選手をコーチングしてきた高橋コーチの指導だからこそ、プロ野球選手も実践している正しいトレーニングやコンディショニングを知るだけでなく、一流選手との差・プロに対しての自身の現状レベルを把握することができる講座となりました。

1日目は、上尾ベースボールアカデミー(埼玉/上尾、室内練習場、塾長:増渕竜義)にてフィールドワークアウト。
野球における連動を意識した動作づくりをメインに
・肩甲骨トレーニング ・骨盤系トレーニング ・ランニングドリル などを行いました。

体の構造を理解した上で、最大限のパフォーマンスを引き出すため、ケガをしないための正しい動かし方を学びます。


普段うまく使い切れていない部分の発見、その部分を活性化するための方法を知ることができます。
重量の負荷をかけたり激しい動きを伴うトレーニングせずとも、効率よく動かすだけでどんどん体が熱くなります!活性化できている証ですね!


上半身・下半身それぞれの使い方を学んだ後にランニングドリルへと入っていきます。
“瞬発”をテーマに、一歩目の意識をより高めるための動きを繰り返します。また、その一歩目の意識をそのままに、うまく体を連動させるためには先ほど行った股関節のトレーニングが非常に活きてくるようです。

今回この企画のキモ、ただトレーニング知識やデータを取り入れるだけでなく、“NPBチームの現場を長年見てきたプロの目を通した指導” “個々の癖や強みを見極め、課題を解決する道標となる”。高橋コーチの目がひかります。

2日目は、スピッツェンパフォーマンスコンディショニングセンター(東京/世田谷、トレーニング・鍼治療施設)にてジムワークアウト。
・ストレングス ・パワー系トレーニング などを行いました。


昨日行ったトレーニングの復習をしながらすすめていきます。


知識を持っていても、それを必ずしも自身の体で正しく再現できるとは限りません。
また、間違っていると気づき、そして気づいた後どのように修正すればいいのか、これもまた非常に難しいところです。
「悪いところを指摘されても、いざ直そうとするとどのようにしたらいいのかわからない」
そう言っていた参加者も、ここでその解決法を得たようです。

「素晴らしい環境で自分の体を見つめ直すことができた」と言う参加者。

今回の高橋コーチの指導が、NPB入りを目指すこれからの一年を見据えるきっかけにもなったようです。
参加してくださった選手の皆さんのさらなる活躍を期待します。

NPB入りを目指す方を対象とした講座は初の試みでしたが、参加者の皆さま、また今回お問い合わせいただいた皆さまのご意見を元に、より求められるものを目指して、
弊社では今後も、トレーニングやコンディショニングを通した選手のサポート、トレーナーの育成を推進してまいります。

今回の概要はこちら
高橋純一氏プロフィールはこちら