【レポート】高橋純一氏による「実践型育成プログラム」第5回(ストレッチについて)を実施しました

レポート

提携アスリートの高橋純一氏による「実践型育成プログラム」が1月28日(月)に開催されました。

「実践型育成プログラム」は、コンディショニングやトレーニングの世界にある「理論や知識と現場で求められているスキルの乖離を埋める」ことを目的とした少人数制のセミナーで、第5回(全6回)となる今回は「ストレッチについて」をテーマに実施されました。

リカバリー(回復)には「体のリカバリー」と「心のリカバリー」があり、スポーツの現場において「リカバリーをやってもらう」という意識を持っている選手が多い中、自らリカバリーを推進できるセルフコンディショニングの重要性を伝えること、またその能力を高めることが大事であると説きました。

セミナーの後半ではリカバリーを「する」「してもらう」両方を実践してもらいながら、選手の体を扱う上での重要なポイントを共有していきました。最後はソフトボールを使った「トリガーポイントへのアプローチ(自分でできる筋膜リリース)」を披露しました。

講義全体では、少人数制の良さを生かして、気になったタイミングで講義をストップして参加者が写真や動画を撮影したり、ディスカッションを行ったり、「一方通行にならずに、さらにすぐに実践につながる」ことを意識しています。

1

2

3

4

「実践型育成プログラム」はトレーニングやコンディショニングの世界における「現場力」「実践(戦)力」を向上させる少人数制のセミナーです。
プログラムは残り1回となっておりますが、途中からでも1回だけの参加でも十分に役立つ内容となっております。

ご興味のある方の申し込みをお待ちしています。

【実践型育成プログラム】

終了
第1回 9月24日(月祝) 
「コンディショニング概論」「実践ウォームアップ」
そもそもコンディショニングとは?S&Cコーチとは組織にとってどんな存在なのか?
心も身体も温めるウォーミングアップとは何か?ウォーミングアップでチームを変える

終了
第2回 10月22日(月)
「動きを鍛える」
成長期の選手へのコンディショニング
組織における育成の考え方

終了
第3回 11月26日(月)
「走力をあげる」
ランニングはチームに必要か?
各分野別のランニングプログラムの設定方法

終了
第4回 12月24日(月祝)
「体を使い、力を発揮する」
チームにおけるストレングストレーニング考え方
瞬発的に力を出すには?チームにおけるプライオメトリクストレーニングの考え方

終了
第5回 2019年1月28日(月)
「ストレッチについて」
リカバリーと可動域向上
チームにおけるストレッチの考え方

募集中
第6回 2019年2月25日(月)
「野球におけるストレングス&コンディショニング」
世界で戦えるS&C指導者になるために・・・

各日18:00〜21:00
場所:スポーツデータバンク株式会社(東京都中央区東日本橋2-6-11-4 3F)

応募はこちらから

高橋純一プロフィール