【レポート】「高速スライダー号応援バスツアー第2球」を実施しました

レポート

株式会社R.E WORKS(東京都世田谷区、代表取締役社長:加藤謙次郎)では、9月8日(土)から9月9日(日)にかけて「WILLER presents 高速スライダー号応援バスツアー第2球〜1泊2日で驚異の9,800円ですけど何か〜」を実施いたしました。

「高速スライダー号応援バスツアー」は提携アスリートである伊藤智仁が監督を務める富山GRNサンダーバーズを応援するとともに富山観光を楽しむバスツアーで「富山を知って、楽しんでほしい」という伊藤智仁監督の想いも込めて企画を展開しています。

第2回となる今回は、9月8日(土)新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ戦が対象で、試合終了後に実施されるチームのビールかけにツアー参加者も参加できるという前例を見ない特典をご用意。

しかし、当日は悪天候のために試合そのものが中止となってしまいました。

そこで、午前中は練習見学に内容を変更し、室内ブルペンで指導する伊藤智仁監督を間近で見学。練習後には写真撮影会や富山GRNサンダーバーズからのプレゼントなども行われ、伊藤智仁監督とツアー参加者の交流を行いました。

伊藤智仁監督からプレゼント

午後も内容を変更し、射水市の「新湊きっときと市場」で昼食。富山湾の海の幸を堪能した後は国宝である高岡市の「瑞龍寺」を観光。ここから伊藤智仁監督も合流し、一緒に観光をするというサプライズも。
さらに高岡市のバッティングセンター「ベースボールハウススタジアム」を訪問。施設には“伊藤智仁バーチャルピッチング”があり、伊藤智仁投手と対戦しながら、後方の伊藤智仁監督に打撃アドバイスを受けるというファンにはたまらない時間となりました。

新湊きっときと市場

瑞龍寺

ベースボールハウススタジアム

19:00からは高岡市の「ホテルニューオータニ高岡」宴会場で夕食懇親会。
「よしもと住みます芸人」のフィッシュ&チップスが進行し、伊藤智仁監督の他に富山GRNサンダーバーズから乾真大投手と湯浅京己投手も参加。
さらに、ゲストとして本日対戦する予定だった新潟アルビレックス・ベースボール・クラブから加藤健球団社長補佐が来場。
BCリーグで戦う両チームのこと、巨人やヤクルトなどプロ野球の話題、さらには地元のお酒や名産品など“ここには書けないとんでもない秘蔵話”も含めて2時間たっぷり参加者の方と交流を深めました。

懇親会

乾真大投手と湯浅京己投手

翌日は年間100万人以上が訪れる中新川郡立山町の「黒部ダム」を観光、夜に帰京し解散となりました。
バスの中では伊藤智仁監督からのメッセージや、伊藤智仁監督とゆかりのある増渕竜義さんや米野智人さんのインタビュー動画、さらには伊藤智仁投手ルーキー時代(1993年)の秘蔵映像などもお楽しみいただきました。

増渕竜義さんインタビュー動画

米野智人さんインタビュー動画

黒部ダム

今回は「試合が中止になる」というトラブルがありながらも、伊藤智仁監督や富山GRNサンダーバーズのご協力、共同主催のWILLER株式会社による運営経験にも助けられてツアーも盛況のうち終了となりました。

高速スライダー号応援バスツアーは来年も「第3球」を放てるようにさらに皆様に喜んでいただける内容にブラッシュアップしてまいります。
また、ひとつのスポーツツーリズムの形として、規模を大きくして「楽しい」を提供していく所存です。

「高速スライダー号応援バスツアー第2球」旅程

9月8日(土):1日目
0:00 東京駅鍛冶屋橋バスターミナルより出発
7:00 富山県に到着、富山市「スパ・アルプス」にて入浴と朝食
10:50 高岡市「ボールパーク高岡」にて練習見学、練習終了後に伊藤智仁監督と交流会
13:00 射水市「新湊きっときと市場」にて昼食
15:00 高岡市「瑞龍寺」を観光、伊藤智仁監督が合流
16:30 高岡市「ベースボールハウススタジアム」を訪問
17:15 高岡市「ホテルニューオータニ高岡」にチェックイン
19:00 夕食懇親会
21:00 1日目終了
9月9日(日):2日目
10:00 ホテルにて朝食を済ませて出発
14:00 中新川郡立山町「黒部ダム」を観光
15:30 東京へ出発
21:30 東京駅にて解散