加藤幹典(野球)

提携アスリート

プロフィール

1985年6月4日生まれ
プロ野球選手(投手)
2004年:慶應義塾大学入学
2008年:ヤクルトスワローズ入団(ドラフト1位)
2012年:株式会社ヤクルト本社入社
2018年:株式会社FORMIC 代表取締役
慶応義塾大学に進学し、東京六大学野球1年秋のリーグ戦では、防御率1.07と抜群の安定感で5勝をあげ、最優秀防御率とベストナインを獲得。
大学リーグ通算64試合を登板し、30勝17敗、防御率2.14。
21世紀初、20人目の30勝投手と慶應義塾野球部史上最多の371奪三振を記録。
現役時代は怪我が多く、「怪我をしない身体の使い方・動き方」を自身の経験で培ったことを中心に指導。
株式会社FORMICを立ち上げ、「元プロレッスン」で活動を展開。

代表歴

2007年 第36回日米大学野球選手権大会日本代表
2007年  北京プレオリンピック日本代表