元東京ヤクルトスワローズ 加藤幹典氏が提携アスリートに 〜提携第1弾として野球指導者・保護者向けのセミナーを実施〜

お知らせ

株式会社R.E WORKS(東京都世田谷区、代表取締役社長:加藤謙次郎)では、元プロ野球選手で東京ヤクルトスワローズに所属していた加藤幹典氏が提携アスリートに加わることとなりました。提携アスリートは清水直行氏(元プロ野球選手)、伊藤智仁氏(元プロ野球選手)などに続いて5人目となります。

加藤氏は、2007年大学・社会人ドラフト1巡目指名で東京ヤクルトスワローズに入団。プロ通算1勝にとどまるも、神奈川県の進学校(県立川和高校)から慶應義塾大学を経てプロ野球選手になるという異色の経歴を持ちます。強豪校出身の選手に比べ、決して恵まれているとはいえない環境や体格でも意思を持ちながら目標設定を行い、1つの夢を成し遂げた加藤氏が持つ経験や知識は多くの野球競技者や保護者、指導者、さらには一般のビジネスマンにとっても参考になるものであると考えます。

今回提携の第一弾として、8月14日(火)にスポーツデータバンク株式会社(東京都中央区、代表取締役:遠藤利文)と共同で「正しい投げ方〜技術・フィジカル・怪我をしない〜」と題したセミナーを開催いたします。

「人を繋げて、楽しいを提供する」を企業理念とする株式会社R.E WORKSとしては、今後も加藤氏と提携することで野球指導の分野やスポーツの枠を超えた新たな領域などで既存の枠組みに捉われない事業を展開してまいります。

【セミナー詳細】

◯タイトル:
「正しい投げ方〜技術・フィジカル・怪我をしない〜」

◯セミナー概要:
野球の基本は「ボールを投げること」ですが、ボールを投げることをきちんと指導できますか?また、怪我をしない投げ方とは?きちんとしたボールを投げることができる選手に育て上げていく上では技術(軸、バランス、トップ)とフィジカル(体幹、コーディネート)に関する考え方が重要です。

中学まで軟式、高校も神奈川県の公立高校と決して野球エリートではなかった登壇者。体格の差を理論でまかないながら、最終的にプロ野球の舞台も経験しました。
プロ野球の世界では、怪我に苦しみました。だからこそ、現役引退後に野球を今一度学び直し、自身の経験とリンクさせてお伝えします。

◯対象者:野球指導者やトレーナー、指導者を目指す学生、野球競技者の保護者など

◯募集人数:30名

◯日程:8月14日(火) 19時〜20時30分(質疑応答30分)

◯場所:
スポーツデータバンク株式会社(Sports & Wellness Innovation Center)
東京都中央区東日本橋2-6-11 3F

◯料金:6,000円

◯参加方法:こちらより申し込み

加藤幹典プロフィール